giroflex64

ジロフレックス 64シリーズ ローバック ループ肘・布張り

メーカー希望小売価格(税抜)
¥113,200
品 番 :64-7078RCS
注文コード :657-659
JANコード
サイズ(mm) :W 645 × D × H

カラーをお選びください

製品ムービー

カタログで見る

先進的なデザインと充実の機能性を両立

シンプルながらスタイリッシュなフォルムが、オフィスに洗練された雰囲気を漂わせモダンな印象を与えます。機能性にもこだわり、姿勢にあわせてしなやかに対応できる構造で、快適な座りごこちを実現しました。

仕様

  • 背・座樹脂成型品  
  • クッションモールドウレタン、布張り/革張り Q641 レッド
  • アルミダイキャストポリッシュ仕上、ナイロン双輪キャスター  
  • アルミダイキャスト(ハイバック、エクストラハイバックタイプ)、樹脂成型品(ローバック、ミドルバックタイプ)  
  • 肘の取外し、後付けはできません。  
  • 環境情報グリーン購入法適合商品 機器類 いす

製品特長

座面形状
座面形状

骨盤を適切に支え、大腿部への圧迫を軽減するために、角度の異なる2つの座面で構成しています。

背高調節
背高調節

背もたれの高さをセッティングできる調節機構付。プッシュボタン操作で簡単に調節可能。

ガス圧上下調節
ガス圧上下調節

床面と太ももが平行になるのが、もっとも疲れにくい座面の高さ。無段階調節機能で、最適な高さにジャストフィット。

背座シンクロロッキング&ストッパー
背座シンクロロッキング&ストッパー

シンクロメカニズムにより背もたれの角度を6ポジションで固定できます。スムーズな動きとダイナミックな座りを実現。

ロッキング強さ調節
ロッキング強さ調節

好みにあわせて、ロッキングの強さも調節できます。また背・座面のクッションは工具なしで簡単に交換できます

座奥行調節
座奥行調節

作業内容や好みにあわせて、座の奥行を前後に25mmスライドし最適な位置にセットできます。

ジロフレックス 64シリーズ ローバック ループ肘・布張り 商品特長
■ ローバック

低い背もたれに、高い品質を結集。省スペースでも本格的な座りごこち。

エルゴノミクス(人間工学)に基づく先端技術を集結した高機能チェア、ジロフレックスシリーズ。

エルゴノミクス(人間工学)に基づく先端技術を集結した高機能チェア、ジロフレックスシリーズ。

世界に先がけて「スプリング回転式チェア」を開発したジロフレックス。1962年には世界初のエルゴノミクスチェアを製作し、世界で高い評価を得ているエルゴノミクスのパイオニアです。

スイスデザイン+ジャパンクオリティ

座る人にあわせた最適な座りごこちを実現する、エルゴノミクスチェアの進化系。優れたデザインとスマートオペレーションがオフィスの進化を実現します。
(ジロフレックスチェアは2013年よりPLUSがライセンス生産を開始。国内市場のジロフレックスチェアはすべて日本で組み立てられています)

ジロフレックス 64シリーズ ローバック ループ肘・布張り 商品特長
1. 背座シンクロロッキングメカニズム
1. 背座シンクロロッキングメカニズム

全機種にシンクロロッキングメカニズムを装備。背の傾きに座が連動し、スムーズな座りごこちを提供します。313、353シリーズは体重に応じてロッキング強度を自動調整する体重感知メカニズムを装備。理想的な座りごこちを実現します。

2. 独自の座面設計と調節機能
2. 独自の座面設計と調節機能

骨盤を適切に支え大腿部への圧迫を軽減する「角度を変えた二つの座面」で構成しています(313/353/68/64シリーズ)。座面の高さは無段階で調整可能。
313、353、68各シリーズは幅広いレンジで上下調節が可能。

3. 座る人にあわせた最適な座りごこちを
3. 座る人にあわせた最適な座りごこちを

使用状況にあわせて調整可能な座奥行調節機能(353/68/64/434シリーズ)や、背高調節機能(353/68/64シリーズ)など、理想的な座りごこちを実現するさまざまな工夫を凝らして進化を続けるシリーズです。

キャスターオプション

使用場所・床質にあわせてキャスターをお選びください。
●ナイロンキャスター

硬質のナイロン樹脂を採用。軟らかい床(カーペットやクッションフロアーなど)に向いています。ブレーキ機能は付いていません。

●ウレタンブレーキキャスター

ブレーキ機能が付いているため、非着座時に不用意にチェアが動きにくく、また着座時にはブレーキの抵抗感が減ります。

●ウレタンキャスター(ブレーキなし)

車輪の外側をウレタン樹脂でカバー。Pタイルやフローリングなど、硬い床に向いています。ブレーキ機能は付いていません。

●ゴム単輪キャスター

車輪がゴム製のため、硬く凹凸のあるコンクリート床などに向いています。ブレーキ機能は付いていません。

●グライダー

天然木フローリングや大理石、寄木張りなどの床を傷つけるのを防ぎます。

※ウレタンブレーキキャスターは、滑りすぎ防止として車輪にウレタンを巻き、ブレーキがかかるよう、安全に設計されたキャスターです。硬い床での使用時に最大限の効果を発揮します。
※使用場所、床質によって交換できるキャスターをご用意しています。詳しくは販売店までお問合せください。
注)いずれのキャスター、グライダーも床などに傷がつくことがあります。あらかじめご注意ください。
※数量は1個から承ります。
※転がりやすい場合にはウレタンブレーキキャスターをお勧めします。標準品は、ナイロンキャスター(カーペットなど軟らかい床用)を装着しております。

ジロフレックス 64シリーズ ローバック ループ肘・布張り 商品特長
ジロフレックス 64シリーズ ローバック ループ肘・布張り 商品特長
※ウレタンブレーキキャスターの機能と推奨用途
※ウレタンブレーキキャスターの機能と推奨用途

ウレタン巻き車輪とブレーキ機能(車輪軸の摩擦抵抗)によって不用意にチェアが動きにくいため、Pタイルなどのフラットで硬い床で非着座時の車輪の転がりすぎを抑えます。
(ストッパー付キャスターではありません)

非着座時(ブレーキ)
非着座時(ブレーキ)

体重がかかっていない状態では車輪の転がりすぎを抑えます。

着座時(可動)
着座時(可動)

体重がかかると車輪は可動します。

■機能アイコンの説明

■機能アイコンの説明
●ネジ式座上下調節

シート部(背座部)上下調節の固定を、ネジの締めつけで行います。

●ガス圧上下調節
●ガス圧上下調節

シート部(背座部)がガススプリングにより、簡単なレバー操作で上下します。座面高さを、身長や好みにあわせてワンタッチで調節できます。

●ガス圧上下ロングストローク調節
●ガス圧上下ロングストローク調節

シート部の上下調節幅を従来よりも長めに設定(110mm以上、従来は90mm)、より幅の広い調節が可能になりました。

●座奥行調節
●座奥行調節

座または背を前後にスライドすることで、座の奥行(座前縁から背までの長さ)を調節できます。

●背座前傾ポジション
●背座前傾ポジション

背座面の角度を前傾にセットできます。

●座角前傾ポジション
●座角前傾ポジション

座面の角度を前傾にセットできます。太腿部への負担軽減に有効です。

●座面形状
●座面形状

大腿部への圧迫を軽減するため、角度の異なる座面で構成されています。

●背座角シンクロロッキング
●背座角シンクロロッキング

背のロッキングと連動して座面も後傾しますので、腰が前へずれ落ちるような不快感がありません。ただし固定はできません。

●背座角シンクロロッキング(固定機能付)
●背座角シンクロロッキング(固定機能付)

背のロッキングと連動して座面も後傾しますので、腰が前へずれ落ちるような不快感がありません。また固定することもできます。

●背座角シンクロロッキング(ストローク幅調節機能付)
●背座角シンクロロッキング(ストローク幅調節機能付)

背のロッキングと連動して座面も後傾しますので、腰が前へずれ落ちるような不快感がありません。またロッキング角度のストローク幅を変えることもできます。

●ロッキング強さ自動調節
●ロッキング強さ自動調節

座る人の体重に応じて、ロッキングの強さを自動的に調節します。

●背座角一定ロッキング
●背座角一定ロッキング

背に寄り掛かり、重心を移動することで背と座が同じ角度でロッキングします。ただし固定はできません。

●背座角一定ロッキング(固定機能付)
●背座角一定ロッキング(固定機能付)

背に寄り掛かり、重心を移動することで背と座が同じ角度でロッキングします。また、固定もできます。

●背ロッキング
●背ロッキング

背に寄り掛かることで、背が後傾します。ただし固定はできません。

●背ロッキング(固定機能付)
●背ロッキング(固定機能付)

背に寄りかかることで、背が後傾します。また固定することもできます。

●ロッキング強さ調節
●ロッキング強さ調節

ロッキングの強さを体型や好みにあわせて調節できます。

●背チルト
●背チルト

背あたり中心部を支点に、背もたれが体の動きに追随して動きます(チルト)。背もたれに対するフィット感が高まります。

●背高調節
●背高調節

背部を上下にスライドすることで、座面に対する背の高さを調節できます。

●フレキシブルバックシェル
●フレキシブルバックシェル

背部のシェルを樹脂成型品の構造体とし、背全面に柔軟性を持たせました。上体の動きを無理なくサポートします。

●ランバーサポート調節
●ランバーサポート調節

背の腰椎部への当たりを調節できます。

●肘高さ調節
●肘高さ調節

肘掛けの高さを体型や作業に応じて調節できます。

●肘向き調節
●肘向き調節

肘の水平方向の向きが、パソコン操作に応じて調節できるので、肘のサポート性が良くなります。

●肘間隔調節
●肘間隔調節

肘掛けの間の距離を体格や好みによって調節できます。

●肘奥行
●肘奥行

肘の位置を前後に調節できます。

最近チェックした製品

PAGE TOP